肌断食時の洗顔は最重要項目。湯洗いのみに固執しないで。

肌断食とは

肌断食は、肌本来の回復力を取り戻すため、今まで過剰に与え続けてきた美容成分や逆に肌の負担となっているかもしれない不要なスキンケアを見直そうというメソッドです。

甘やかされて回復力を失った肌、過度にいじくりまわされ不要な成分をつけられまくり刺激で痛んでしまった肌の修繕を目指します。

しかし、ここで肌断食という際立ったことばだけに意識が集中しすぎて、何もしない事に固執しすぎて逆に肌トラブルを引き起こす方が本当に多いのです。

甘やかすほどの外からの栄養分や逆効果となっている成分を取り除くという療法であって、必要なケアまでしなくて良いという解釈は危険です。

洗顔と保湿

特に軽んじていけないのは洗顔と保湿です。

洗顔

洗顔は湯洗いでほとんどカバーできると言われていますが、皮脂や古い角質などは適切な洗顔料をつかったほうが良い場合も多く、これを怠るとニキビや黒ずみの原因となってしまいます。
もちろん湯洗いがベースでもかまいません。しかし、異変や不具合を少しでも感じたら洗顔を見直す必要があります。

肌断食中でも安心して使えるのが、レヴィーガのモイストソープです。
これは、肌に必要な菌などを落とすことなく不要な汚れだけを落とせる洗顔料です。

保湿

保湿は必要に応じてという形になりますが、乾燥肌を感じたら最低限の保湿は必要です。

しかし、美容成分などが過剰に配合されたものなどを使用すると肌断食の目的からそれてしまいますので、水を主体としたものをつかうと良いでしょう。

URUONのミストならもともとの成分は「水」です。表面張力を弱め炭酸を配合することで浸透力の強い水分補給が可能になっています。

 

まとめ

肌断食をするときは状態に合わせて柔軟に対処しましょう。手段が目的とならないように決して思い込んで無理しつづけてはいけません。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました