トップ ネイルサロン・ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ


ネイルサロン・ガイドネイルサロン開業の成功へ > ネイルサロン開業の場所

ネイルサロン開業の場所

ネイルサロン開業の場所の画像

ネイルサロンを開く場合には、どのような場所を使うか、ということもポイントになります。

これは自分がどの程度の開業資金を持っているか、ということにも関わってきますのでよく考えてみましょう。

ネイルサロンの開業でよく見られるのは自宅での開業です。

これは店舗などを借りるのとは違い、ランニングコストがほとんど発生しないので手軽です。

ただし、やはりネイルサロンとして開業するのであれば、専用に使える施術室を一つもてるのが理想です。

知人だけではなく、広く一般的にお客様に対応するのであれば、どんなに狭くても専従の施術室を持てるように工夫しましょう。

たとえば玄関から施術を受ける部屋へのアクセスがどうなっているかということについても考えてみましょう。

また、自宅ではない場所でサロンを開くときには、場所のよさだけではなく、家賃や周囲での競合などについてもよく考えてみることが大切です。

やはり駅の周囲のほうが人は多いですが、ネイルサロンはどうしても駅の周囲でなくてはならない、ということはありません。

また、周囲に競合する店舗がある場合、やはりそことの競争になる部分がありますから、店を出す場所については慎重に検討しなくてはならないでしょう。

ネイルサロンを開くためには、そんなに広い場所が必要になるわけではありません。

例えばハンドだけの施術に限定するなら、施術をするテーブルと、それを挟んで座れるスペースがあればサロンとして機能するでしょう。

使う道具や見本などの配置はありますが、適度な広さがあればいいのではないでしょうか。

何人でサロンをやるか、ということにも関わってきますが、店舗としてはそんなに広くなくても大丈夫です。

また、1階の店舗のほうがいいか、などの問題ですが、これについてはサロンという性質上、特に1階でなくてはならない、ということはありません。

最初はサロンに呼び込んでくる方法が必要になる場合もありますが、やはりこうしたサロンではリピーターを持つことが重要になりますし、リピーターがつけば、たとえ2階の店舗でもお客様は足を運んでくれます。

確かな技術と対応でそのあたりは十分カバーできます。どんなメニューになっているかがわかるようにしておくといいでしょう。

スポンサードリンク

ネイルサロン・ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。