トップ ネイルサロン・ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ


ネイルサロン・ガイドネイルサロン開業準備 > ネイルサロン開業のための必要書類

ネイルサロン開業のための必要書類

ネイルサロン開業のための必要書類の画像

ネイルサロンを開業するためには、いくつかの手続きをすることが必要である、という話をしました。

この項目と重複していますが、開業するために必要な書類にはどのようなものがあるか、ということをもう一度整理しておくことにしましょう。

まずは個人事業主として開業する場合です。

個人事業主として開業する場合には、税務署に対して、開業届出書が必要になります。

また、同時に青色申告の承認申請書が必要になります。

さらに、人を雇って給与を払う場合には、青色事業専従者給与に関する届出書が必要になります。

また、給与を支払う場合には、給与支払事務所の開設届出書も必要になりますし、従業員が10人未満であれば、源泉所得税の納期の特例に関する届出書兼納期の特例適用者に係る納期限に関する届出書を提出する必要があります。

人を雇うのか、自分だけでやるのかによって必要な書類の届出の数も違いますのでよく確認しましょう。

まずは開業届出書をもらい、税務署でなにが必要なのかを聞いてみるといいでしょう。

また、税理士、行政書士、社労士などに開業の対応を任せる場合には報酬なども含めてきちんと相談しましょう。

また、法人としてサロンを設立する場合には必要な書類が違ってきます。

まずは税務署に法人設立の届出書が必要になります。

さらに青色申告をする場合にはこの承認申請書が必要になります。

また、給与を支払うことになる場合には、給与支払事務所の開設届出書も必要になります。

さらに、従業員が10人未満であれば、源泉所得税の納期の特例に関する届出書兼納期の特例適用者に係る納期限に関する届出書も必要になります。

さらに、都道府県の税務署と市町村役場に対して法人の設立届出書を出す必要があります。

まずは管轄の税務署にいき、書類をもらいながらなにが必要になるのかをきちんと相談することです。

書類を提出する期限なども、それぞれの書類によって異なっていますので、どれを先に出してどれはいつまで、ということをしっかりと確認しておく必要があります。

まず最初に必要になるのは開業のための届出書です。

そのほかの書類に関しては、その開業が認められてから一定期限内に出すことが必要になりますので注意しておきましょう。

スポンサードリンク

ネイルサロン・ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。