トップ ネイルサロン・ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ


ネイルサロン・ガイドネイルサロン開業準備 > ネイルサロンの開業資金

ネイルサロンの開業資金

ネイルサロンの開業資金の画像

ネイルサロンを開業するためには、様々な準備が必要となりますが、資金としてはどの程度準備すればいいのでしょうか。

まず、全く準備する資金なしでサロンができるかというと、それはもちろん無理な話になります。

ネイルをするためには道具が必要ですし、サロンを開くためには場所が必要です。

その環境を整えるためにはやはりそれなりの資金を用意しなくてはならないでしょう。

ただし、これだけの資金がないからサロンができない、というのではなく、ある程度の資金を持って、その資金なりのサロンをやってみる、という開業の方法もあります。

場所を借りることが難しいので、自宅の一室を使ってサロンにする、という場合なら、家賃や敷金、礼金などの資金を節約することができますね。

自分が開業するにあたって、まずはどの規模でサロンを開き、どの程度の資金で準備したいのか、ということを具体的に考えてみましょう。

やはり店舗を借りてサロンを開業するのであれば、100万円単位の資金が必要になってきます。

それを自宅やワンルームマンションなどを借りて利用すれば、もう少し資金は安くすませることができるでしょう。

自宅をサロンにするのであれば、さらに資金を節約することができるかもしれません。

ネイルサロンとしての体裁を整えるためには、取り付けなければならない設備なども特にありませんから、必要なものとしてはカラーやネイルをするための道具、そして施術をするためのテーブルや椅子、というものくらいになります。

資金を借入してサロンを開業する、という人も少なくないと思いますが、借入をすると、それを返済するまではほとんど儲けは出ない、と考えなくてはなりません。

施術して入ってくるお金がそのまま返済に回るということが多いからです。

ですから、たくさん借り入れれば数年は儲けが出ない、ということも少なくありません。

そのため、自分で準備できない場合には、多くの資金をかけて立派なサロンに体裁を整えることよりも、最低限の設備で施術を行える場所を整える、ということを先に考えたほうがいいでしょう。

成功して広がっていけば、さらにいい場所に移る、というステップアップも考えることができます。

ですから、最初からいい場所でいいサロンを開業する、ということよりも、最低限の場所でお客様がリラックスしてネイルの施術を受けることができる空間、というものを作ることを考えるようにしましょう。

スポンサードリンク

ネイルサロン・ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。