トップ ネイルサロン・ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ


ネイルサロン・ガイドネイルの技術で開業 > ネイルの新しい技術(ジェルネイル)

ネイルの新しい技術(ジェルネイル)

ネイルの新しい技術(ジェルネイル)の画像

ネイルの世界では、日々技術が向上しています。

そのため、新しい技術が生まれてくることもあります。その中で、ネイリストとして、またネイルサロンの開業を考えている人にとって注目しておきたいのは、新しいネイルの技術、ジェルネイルについてです。

ジェルネイルは全く新しいタイプのネイルの技術です。

今までのネイルではマニキュアを使うのがベースとなっていました。

ところがジェルネイルではマニキュアを使いません。

ジェル状の樹脂を爪に塗り、それにUVライトを照射して硬化させる、というのがベースになります。

一見今までのネイルの技術にも見られたスカルプチュアの技術に似ているように思われますが、自爪から浮きにくいこと、装着感が軽いこと、手順が少なく簡単にできること、などで従来のスカルプチュアよりも人気があります。

アクリルのパウダーを使ったスカルプでは、そのにおいが気になる、という人も多く、スカルプを敬遠する人も結構いたのですが、ジェルネイルでは無臭のパウダーを使うため、こうした抵抗がなく使える、という声も聞かれます。

また、ジェルネイルに使う樹脂のパウダーには透明感があるのが特徴で、クリアできれいな爪を演出するのにジェルネイルは大変むいている、ともいわれています。

従来のスカルプでは、なかなかこうしたクリアでハードなネイルを演出できなかったので、こうした仕上がりに人気が集まっているのも事実です。

マニキュアによる手軽なネイルを楽しんでいる人も相変わらず多いのですが、ジェルネイルの出現を喜んでいる人の中には、自爪が弱い、という人もいます。

自爪が弱いと、なかなかきれいな長さに伸ばして整えることができないので、きれいなネイルを楽しむことができません。

そういう人には、ジェルネイルによって自爪を補強できる、という強みもあるのです。

スカルプのようにパウダーの樹脂を乗せ、形を整えてから固めるため、チップやハーフチップなどを用いれば自爪が弱い人でも好みの長さや形に爪を整えることができます。

このような目的によりジェルネイルをしている、という人もいるのです。

ジェルネイルは、平均して2~3週間もたせることができます。

ですから、定期的にネイルサロンで施術してもらいたい、という人にとっても経済的なネイルである、ということができるのです。

スポンサードリンク

ネイルサロン・ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。