トップ ネイルサロン・ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ


ネイルサロン・ガイドネイルの技術で開業 > ネイルをするのに必要なもの

ネイルをするのに必要なもの

ネイルをするのに必要なものの画像

ネイルサロンを開きたい、と考えている人の中には、大きなサロンではなく、自宅で自分でできる範囲のサロンを、と考えている人も多いのではないでしょうか。

技術を磨いていけば、一生できる仕事である、ということもあり、自分のセンスを活かしながら仕事をしたいという人にとっては自宅でのネイルサロンは夢だという人もいるでしょう。

では、実際にネイルサロンを始めたい、と考えた場合、どのような準備をしなければならないのでしょうか。

ここでは、ネイルをするのに必要な道具に絞って考えてみましょう。

ネイルをする場合には、カラーなどももちろん必要ですが、色を塗る以前の問題としてネイルケアをするための道具をそろえる必要があります。

たとえば、エメリーボードやファイルといわれる爪のためのやすりや、甘皮を処理するためのウッドスティック、ステンレスのプレッシャー、角質をやわらかくさせるためのキューティクルリムーバー、甘皮などを取り除くためのキューティクルニッパーなどがあります。

また、キューティクルオイルなどを使って甘皮や爪が乾燥してしまわないようにする必要もあり、これもケアには必要になってきます。

その上、カラーをするための道具が必要になります。ベースコートはもちろんのこと、各色のカラーをそろえなくてはなりません。

ネイルカラーにはたくさんのブランドがありますが、ネイリストの中で発色やもちがいいとされているブランドを選ぶとよいでしょう。

カラーの色をどのくらいそろえているかによって、デザインなどのバリエーションが広がるところもありますので、かたよりなくそろえておく必要があります。

さらに、アートをするための道具も必要になります。たとえば、アートをするためには、ストーンなどが必要になります。

光る石を使ったストーンもありますし、さまざまな色や大きさがあります。

各種そろえておくといいでしょう。

ガラスではなく、手軽に使うならアクリルのストーンもあります。

また、パールも人気なのでそろえておきましょう。

さらに、カラーで出せない色をアートで補うときなどのために、アクリル絵の具をそろえておきましょう。

まだまだほかにも必要な道具はたくさんあります。

チップやスカルプをするためのパウダーなども必要になります。

なにをどの程度行うサロンにするのか、ということによって、必要な道具も広がっていきます。

スポンサードリンク

ネイルサロン・ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。