トップ ネイルサロン・ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ


ネイルサロン・ガイドネイルサロンの開業 > ネイリストの技能検定試験2級

ネイリストの技能検定試験2級

ネイリストの技能検定試験2級の画像

ネイリストになるためには、技能検定試験を受けることが必要となります。

これは就職にも有利になりますので、3級が取得できたら、ぜひ2級を取得するようにしましょう。

ネイルサロンを開こうと考えている人も、ぜひ2級、そして1級の取得を目指してほしいところです。

ネイリストの技能検定試験では、3級を取得していないと2級を受験することができません。

一度に2つの級を受けることもできませんので、3級を取得してから2級を目指す、という順番になります。

2級では、やはり当日の実技用に16歳以上のモデルが必要になります。

あらかじめ用意しておきましょう。また、前日までに赤のネイルを塗布しておくことも準備として必要です。

そして試験当日の内容になります。

試験の当日は3級同様試験日の午前と午後の部に分かれて受験をします。

まず道具を並べておきます。その状態を見てもらうところから試験が始まります。

そして、次はネイルケアです。

まずはあらかじめ塗っている赤のネイルをオフし、そこからケアをします。

カットのスタイルなども決められているので正しい形にカットし、ケアをしましょう。

禁止されている道具もありますので気をつけましょう。

ケアが終わったら後半はカラーなどの実技です。2級ではチップを使ったカラーも求められます。

チップを装着する際には様々な規定があります。

その規定どおりにチップを貼っていかなくてはなりません。

またチップの爪先のスタイルも決まっているので注意しましょう。

チップを貼らなかったほかのネイルについては、ベースコート、カラー、トップコートを塗っていきます。

また、2級では、チップとカラー以外に、決められた手にはアートを施す必要があります。

アートについては、試験実施の際にテーマが決められているので、練習しておき、それを当日に施すようにしましょう。

実技が終わると筆記試験です。チップの手順やリペアの方法、実践的な施術についてなどが問われます。

実技と筆記ともに、100点満点中80点が合格の目安となります。

実技については、減点されてしまうポイントなどをチェックし、小さなミスのないように仕上げていきましょう。

カットするスタイルなどを間違えないようにする必要があります。

スポンサードリンク

ネイルサロン・ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。