トップ ネイルサロン・ガイドについて 相互リンク お問い合わせ 有料掲載について サイトマップ


ネイルサロン・ガイドネイルサロンの開業 > ネイリストに必要な資格

ネイリストに必要な資格

ネイリストに必要な資格の画像

ネイルサロンを開くことを考える人には、ネイリストの資格の取得を考えましょう、というお話をしましたが、実はネイリストになるのに必ずしも特別な資格は必要ありません。

実は資格を持っていなくてもネイリストとして仕事をすることはできるのです。

ただし、お客様からの信頼、自分でネイルサロンを開く、という長い目で見て考えると、やはりネイリストとしての資格を取得し、信頼されるネイリストとしてネイルサロンを開業するためには、まずはしっかりと基礎を勉強し、ネイリストの資格を取得することを考えるのが正しいのではないでしょうか。

また、資格を取得しておくことで、就職にも有利になる場合が多いようです。

ネイルサロンを開業したい、と実績もないままに開業準備に入る人は少ないでしょうし、まずはどこかのサロンで実績を積むことが必要になってくると思われますので、その際にも有利になるように資格を取得しておくことをお勧めします。

ネイリストの資格試験というと、民間の資格試験になりますが、ネイリスト技能検定試験が一般的です。

歴史としてはそんなに古い資格試験ではありませんが、多様化するネイルの技能をしっかりと体系的に学ぼう、ということを目的として1997年に設立された試験です。

これを取得するための勉強をすることによってネイリストとして一通りの技術や知識を学ぶことができるとして多くの人が受験を目指しています。

ネイルの技術や知識は年々幅広くなっていますが、ネイリスト技能検定試験では、それぞれの難易度によって級が設けられており、3級から1級までを取得することができます。

この検定試験のためにネイルケアの基礎とともにカラー、アート、エクステンションなどの技能を勉強することになり、検定試験に受かることによって、これらの技能を持っている、とみなしてもらうことができます。

各級年2回実施されており、難易度は年々上がっている、という話も耳にします。

それだけ人気の資格試験である、ということができるのかもしれませんね。

各級によって求められる技能や知識などが段階的に設定されていますので、自分はどの級を受験するのか、それによってどんな技能や知識が必要なのか、ということをしっかりと準備期間をとって勉強してから臨むようにしましょう。

スポンサードリンク

ネイルサロン・ガイドについて

当サイトに掲載されている店舗情報、営業時間、などは、記事執筆時の情報です。最新情報はオフィシャルサイトにて確認していただければと思います。